マーケティング

LinkedInでビジネスブランドを構築する5つの方法

LinkedInはあなたのソーシャルメディアマーケティングミックスの重要な部分になることができます。それを主要なビジネス生成ツールとしても機能する主要なリード生成およびコネクション作成ツールと考えてください。

最新のソーシャルメディア業界のレポートの多くで、LinkedInはブランド認知度を高めるためのトップの場所の中で、特にビジネスツービジネス(B2B)スペシャリストの間でランク付けされています。ビジネス起業家や専門家は、この点に関してだけでなく、ブランドの他の側面においてもLinkedInの戦略的マーケティングの価値を認識しています。

そしてタイミングがすべてです。

LinkedInを使用してビジネスブランドを構築する方法は5つあります。

製品発売マーケティングの強力な代替案
最近の製品販売促進は、Eメールマーケティング、プレスリリース、バナー広告を意味していました。もう違います。LinkedInのおかげで、特にB2B企業は興味のある関係者(例えばブロガー、消費者、メディアなど)に新製品情報の理想的な配給者として働くプラットフォームを持っています。

さらに、後者の2つの巨人が一般の人々の間でより人気があるとしても、より多くの企業がFacebookとTwitterの同等物よりLinkedInの製品発売に自信を示しています。

2.より簡単にされた新しい才能の募集
おそらくソロプレナーの確認は問題ないでしょうが、拡張モードに入っていて、専門家の助けが必要な場合は、LinkedInの品質に見合ったソーシャルネットワークはほとんどありません。

あなたの直接の接続、LinkedInのディスカッショングループ、あるいは一般的な才能の検索からであろうとなかろうと、あなたはおそらくすぐにたくさんの有能な候補者に出会うでしょう。

プロのソーシャルネットワーキングは過去10年間で離陸し、そして間違いなく伝統的な求人掲示板、人材派遣会社、およびキャリアウェブサイトより効果的になっています。

ウイルスリードジェネレーションツール
LinkedInは、電子メールマーケティング、絞り込みページ、およびバナー広告に代わる方法を探しているオンライン起業家のための効果的なリード生成ツールになることができます。

WebサイトでB2Bおよび企業対消費者間(B2C)のやりとりが認められているため、このネットワーキングスペースを使用することで、訪問者からリードへのコンバージョン率と(リード)取得単価の両方が向上します。

4.コンテンツとコンテンツマーケティングのジャガーノート
LinkedInメンバーは、リッチコンテンツを味わうだけでなく、それを提供するプロフィールをブックマークし、他の人にもその言葉を広めたいと考えています。したがって、LinkedInによる効果的なコンテンツ配信は、ビジネスにとって最もバイラルなブランド強化オプションの1つになります。以下の利点を検討してください。

あなたの現在のフォロワーとのつながりを妨げずにコンテンツを共有できます。
LinkedInの広告を通じて、潜在的な顧客や業界の影響力のある人々へのアクセスを改善します。
あなたがそれを知る前に、あなたの洞察と経験は、日常的に何百もの – 熱狂的な人々の前に – あるかもしれません。

5.自分をより検索可能にする
オンラインマーケティングで成功する可能性が、検索エンジンの視認性の向上によって向上することは秘密です。最適化されたLinkedInプロファイル(プロファイル、会社ページ)により、見込み客や志を同じくするビジネスマンがあなたを見つけやすくなるため、LinkedInをソリューションの一部にすることができます。

次のように、いくつかのことをうまくやれば、ブランドを強化できます。

あなたのビジネスのタイトルと会社名を行動の言葉で際立たせること。
あなたの会社とあなた自身をあなたのプロフィールに完全に記述しなさい。
あなたの略歴とホームページの説明に正しいキーワードを使用する。
あなたのプロフィール、説明、最新の投稿にあなたのウェブサイトやブログへのリンクを張る。
LinkedInでビジネスをブランディングするための最後の考え
LinkedInのブランド設定は、初心者から経験豊富なビジネスマンまで、当然のことです。あなたのニッチ市場におけるあなたの現在の位置づけ、過去の実績、そしてあなたが正しい状況下で他人のために何ができるかを紹介する機会を得てください。

LinkedInは、ローカルでもグローバル規模でもブランドを拡大しようとしているモバイル上の起業家にとって、優れたビジネス投資と見なされるべきです。より多くのつながりを作り、新しい顧客を引き付け、あなたの貢献を大切にする人々に重要な情報を配布するためのワンストップのソーシャルメディアハブになる可能性があります。